スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書の夏

山口では随分ノンビリと過ごさせてもらったため、
いつもよりゆっくり、且つたくさん本が読めました☆

奥田英朗氏のアホらしくて笑える医者の話や、
(それも出てくる患者たちが明らかに、
 現実世界にいる人をモデルにしていて可笑しいの)

森見登美彦氏の妄想大学生のこれまた可笑しな話など、

肩の力を抜いて読める小説ばかり読んでたんだけど。


 特に面白かったな~と思ったのが、コレ↓

  100831 わたしの読書

  高田郁著・「八朔の雪―みをつくし料理帖」


  舞台は江戸時代。
  主人公は料理人として腕をふるっている女性。
  彼女をとりまく人たちのエピソードで綴られてるお話デス。

  主人公が料理人なもんで、
  もちろんお料理が内容に絡んでくるんだけど、
  これがどれも美味しそうなんだな~。
  食べ物の描写からも、季節をぐっと感じるコトができて。

  それに、出てくる人たちがどれも魅力的。
  そして何より、話の内容がどれも、
  読んでて優しい気持ちになってくるのデス。

  何度も読み返したくなる、そんなお話でしたー。

  ちなみに、これシリーズ物らしくて。
  この本のアト、今のところ2冊出てます。
  まだ続いてるから、早く次が読みたいナリ。



 *オマケ*

 山口でのエピソード。

 高校時代の同級生と久々に再会。
 (ちなみにみんな吹奏楽部。フルート2人、クラリネット2人が集合)
 10年ぶりくらいに会うコもいたりして、懐かしかった!

 おまけにみんな母親になってるんだから、なんだかフシギ。
 久々に会ったけど、みんなで子育て話で盛り上がっちゃって、
 オモシロイ再会となりました。

  100831 おともだちと一緒

   初めて会うお友達だけど、
   仲良く遊んでもらったヨ♪
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。