スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次男坊誕生◎

すっかり更新がご無沙汰しとります。
皆さま、コンニチハ◎


ハイ、ブログを書いていなかった間に、
ワタクシ、無事に 第二子を出産 いたしました~◎

予定日より2日遅れて、
10月11日 に。
元気な 男の子 デス。


            111011 次男坊01

                ハジメマシテー、次男坊ですー


以下、出産のコトを振り返り。
よかったらお付き合い下さい~。


予定日は10月10日
その前の10月8日に検診へ。
そのトキはお産の兆候ナシ。

センセイに、
「んじゃ、10日は休みなんで、11日に来て下さい。
 様子見ましょう~。あ、一応入院準備してきてね」と言われて。


そして、10月11日 当日

・9時ちょうど  病院到着。
・10時ごろ    混んでたので、ようやく診察。
           センセイ曰く
           「うーん、子宮口ちょっと開いちょるねぇ。どうしようかね、入院する?」

           口調から察するに、すぐ産まれる!って感じではなかったので、
           タロさんいるし、一旦帰っていいなら家で様子見たいな~、
           と、呑気に思っていたワタシ。

           でも、いつの間にやら結論が出たのか、
          「んじゃ、入院してもらって痛みが起こるのを待ちましょうか」とセンセイ。


・10時半ごろ    入院するお部屋に通され、お着替えなど。
            点滴で陣痛促進剤を打つコトに。

            タロ坊のトキは自然に痛みが起こるのを待ってたんだけどなー。
            え?もう促進剤打つの??とちょっとドキドキ。


            看護師さんに、
           「どれくらいで痛みがくるんですかね?」とつい聞いたトコロ、
           「人によるんですよねぇ。初産でなければ早かったりもしますけど」と。
           「日付変わる前には産まれるんじゃないですかね」と言われて、
            おぉ!今日産まれるんだ!!と実感。

            別の看護師さんが様子見にいらしたトキに、
            ちょっと痛みが始まってきたかも、とお伝えすると、
           「そしたら午後3時か4時くらいには産まれるかもね」とのコトで、
            ますます具体的に!

・11時半ごろ   「どうする?お昼食べられます?」と聞かれて、
            「ハイ。頂きます~」と即答。

            まだ痛みが大したコトなかったし、
            ここの産院はご飯が美味しくて、楽しみにしてたので◎


・12時ごろ    お昼ご飯。
            タロ坊のトキと同じく、ボリューム満点で美味しそうなご飯♪
            でも食べてる間にけっこうな痛みに…。

            イテテテー!と痛みに身体をこわばらせつつも、
            痛みが引いてる間にご飯をかきこむという状態(笑)


            一応痛みの間隔を測らねばと、痛みのきた時間をメモしてたんだけど、
            どうもこの時点で既に 3分間隔
            でも、ご飯食べる元気あるしなぁー、
            ナースコールした方がいいんかしら?と悩む。


・12時20分     痛いよ~と思いつつ、ナースコールするか悩んでたら、
            どうやら 破水 の感覚が。さすがにナースコール!

            そこからあたふたと分娩室に入り、助産師さんたちもバタバタと準備。
            どうやら子宮口も全開、すっかりイキんでいい状態になってたようで。

            「ご飯、呑気に食べてる場合じゃなかったんかも?」と思いつつ、
            タロ坊のトキみたいに「痛い~!」とわめきながら数回イキむ。

・12時50分     で、無事に元気な男の子が出てまいりました!
            (こうして文章にしてみると、えらくあっさりした進行やなぁ…笑)


           分娩台から時計を見てみると、
           え?分娩台に乗ってたのって、30分もかかってないワケ???とビックリ。


           「お昼御飯、食べてる場合じゃなかったんですね…」
            と、恥ずかしながら助産師さんに言うと、
           「あらー、食べたのがヨカッタんじゃない。お産が進んで」
            というお優しいお言葉。


           しばらくして、分娩室のカーテンの向うから、
           「体重、3900gです~」との声。
           先生、助産師さん、みんな揃って「おぉ~」とどよめき。
           そんなに大きかったの!?と、再びビックリ。


・15時      分娩台で約2時間休ませてもらって、病室へ。
            おやつもバッチリ頂きました◎
           (この日のおやつはチーズケーキやった♪)

            ここの病院、手作りおやつで美味しくて。
            お昼御飯の時点では「今日はおやつ無理だろうな~」って思ってたのに(苦笑)   
            タイミングを読んで出てきた次男坊、エライ!  


 以上が出産当日の流れでございました◎


超スピード出産ではあったけど、
やっぱり二度目だからか、タロ坊のトキよりは少し落ち着いていられたかも?

どの辺りに赤ちゃんが来てるとか感じようとしてたし、
出てくる瞬間もしっかり見てようと意識してたし。
お産ってやっぱり大変だけど、
女性の身体全体で感じるコトのできる不思議な体験だよなぁと再び実感。


タロ坊のトキと同じく、
先生、助産師さん、看護師さんたち、皆さん優しくて感じがよくて。
お食事も美味しかったし、満足のいくお産&入院生活でした◎


             111031 兄弟01

              今後は次男坊も、タロ坊共々ヨロシクお願いしまする~

スポンサーサイト

テーマ : ◆◇◆0歳ベィビー◆◇◆ - ジャンル : 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。