スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誕生日イブ

3週間の滞在を終えて、山口から戻ってまいりました。
どーも皆様コンバンワ。

山口に戻るトキはタロさんがグッスリ寝てくれたんで、
それはそれは楽チンな道中でござったが、
さすがにそんな幸運も続かないようで…(泣)

新大阪の手前でウ○チなさったり、
(山口に戻るトキは、オムツ替えが楽チンだったもんで)
京都を過ぎた辺りからグズり始めて、なんとかなだめたり。

それでも名古屋手前から目的地まではよく寝てくれたもんね。
イイコでした、タロさん◎

   100415 そのいち

   「もう新幹線にも慣れてきたナリよ~」


さすがに実家は居心地が良いもんで(父ちゃん母ちゃん、お世話になりますた!)
こっちには戻ってきたくはなかったんダケド…(泣)

それでも、

昨日は リトミック教室 (音楽に合わせて踊ったりするのね)の見学に行ったり、
(結構な音量で音楽が流れてたり、周りで他のお子さんたちが走り回ってるのに、
 いつの間にやら横になってたタロさんは、お寝んねに入っちゃってました…笑)

今日は、お友達とファミレスに行ってお茶してきたり(久々にパフェとか食べた♪)。
それなりに楽しんで過ごしてまっす。


さて、本日 4月15日 は タロさんの 誕生日前日

   ↓ 本日のタロさん。

  100415 そのに

   頬っぺに虫刺されのアトが…(泣)
 
去年の今頃は、

「痛い~!バファリン飲みたい~!」

と、陣痛と戦っておったなぁ。
(ところで、陣痛にバファリンって効くのかね?気になる…)

思い返せば、14日 の深夜に破水が起こって。
それでも少量だったので、「コレって破水…?」と自信もなく、
病院に電話したら、
「でしたら、1時間様子見て、また連絡して下さい」
と言われて、横になって待つコトに。

ちょうどその時間にメールやり取りしてた友達に、
「眠いよー。1時間も待ってたら寝てまうよー」 とメールしたら、
「こんな状況で寝るなヨ…」と呆れられた思い出も★

結局その1時間後、病院に入るコトになったんだけど、
痛みもないもんで、その夜はぐっすり病院で寝たワタクシ。
(それでもさすがに病院にいくトキは緊張したんデスヨ、足震えてたし)

15日 の朝に診察してもらって、
「確かに破水ですねー、陣痛が来るのを待ちましょう」
と先生に言われたものの、一向に痛みはこなくって。

お世話になった病院は、ご飯が美味しくって、
緊張感のないまま、ご飯&おやつをのん気に楽しんでおりました。
同室に入ってた方とも楽しくおしゃべりさせてもらったし◎

それでも、15日の夕方頃からはさすがに痛みが出てきて。
あ、最初の頃の痛みって、腹式呼吸でけっこうまぎれました。
元吹奏楽部員のワタシ、腹式呼吸は得意なんで助かった~。

「痛みに耐えられなくなったら、ナースコールして下さい」

と言われたけど、「どこまで耐えたらいいん?」と戸惑いつつ、
ベッドで陣痛の間隔を測って過ごしてたけど、

 「もう無理!」

と思って助けを呼んだのが、日付変わって 16日 の午前1時ごろ。

分娩室に入ってから、割とすぐに子宮口が開いたみたいで、
それでも結構な時間が経ってたんだよねー。

助産師さんたちのお力を借りて、わめきながらガンバって(笑)
タロさんが無事生まれたのが、午前4時47分 でした。

最初にタロさんにかけた言葉は、

「キミもオツカレ~。ワタシもオツカレ~」

だった気がする…。
もっと気の利いたコト言えよ、自分(苦笑)

ずっとお腹にいたコが、実際に出てきて姿を見せてくれたのが、
なんともフシギな感じだったり、でもやっぱり確かに嬉しく感じたり。
あのトキから1年経ったんだなぁ(しみじみ)。


長くなりまして、失礼しました!
明日はどんな誕生日になるかな?
(家族でお祝いするのは、蕎麦職人氏がいる土曜日の予定だけど)
いい一日になりますように◎

   100415 そのさん

      これからもヨロシクね、タローちゃん。
スポンサーサイト

テーマ : ◆◇◆0歳ベィビー◆◇◆ - ジャンル : 育児

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。