スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の絵本

相変わらず、ちょこちょこ図書室で絵本を借りているワタシたち。

今回借りてきた絵本も、タロさんのウケがよかったので、
ちょっとここにご紹介しておきます。


・そのイチ

        101016 わたしの

         「わたしの」    三浦 太郎 著

 いつぞや、タロ坊が気に入ったとご紹介した絵本「くっついた」と、
 同じ著者・三浦太郎さんの絵本デス。
 (そのトキの日記はコチラ→

 今回の「わたしの」も、タロ坊はとっても気に入ったようで。
 三浦さんの絵本、ウケがいいみたい。

 内容はというと、椅子やらお茶碗やら、日常使うものが色々でてきて、
 「わたしのどれかな?」と問いかけていくもの。

 最後は、イチゴ・みかん・バナナが出てきて、
 「ぜーんぶわたしの」 という、
 親としては、「オイ、そりゃ困るぜ!」
 ツッコみたくなる言葉で終わるんだけど、
 タロさんもこの終わりが一番お気に入りだったようで。
 この文章を言うと、ケタケタ笑って喜んでました。


・そのニ

        101016 おにぎりくん

        「おにぎりくん」   村上 康成 著

 これは、おにぎりが作られていく様子が
 とってもリズミカルに書かれていました。

 タロ坊も、言葉の感じが面白かったみたい。
 「にぎってにぎって~」 って読むと、
 へへへーって笑ってたし。

 ちなみに、この絵本の最初は
 「おこめさん」 って言葉から始まります。

 この絵本と同じシリーズの「からあげくん」って絵本も
 借りてきて読んだことがあるけど、
 こちらは
 「とりさん」 って言葉からの始まりでした。
 そして「むねにく・ももにく・てばさき」と続くのですが。。
 絵本にしては、なかなかシュール?(笑)



次はどんな絵本を借りようかな~。
絵本はオトナが読んでもなかなか楽しい。
ワタシもウキウキしながら絵本を選んでいるこの頃であります◎
スポンサーサイト

テーマ : 読み聞かせ・読み語り - ジャンル : 育児

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。