スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解決はしていないミステリーだけど

最近はさすがにゆっくり本も読めない生活ペースですが…(泣)

色んな人のブログなどで「オモシロイ!」と評判で、
以前より気になってた本を、ようやく図書館で借りるコトが出来て。
張り切って読んでみました。

   伊坂幸太郎 著 「ゴールデンスランバー」
      ゴールデンスランバー

確かに面白かった!
構成が独特で、読者を惹きつける効果大◎
(事件を20年後に振り返る章が最初の方にあったり、
 緊迫した事件の合間に主人公の過去のエピソードが挟まれたり)

事件の真犯人を追い詰めていく、というストーリーではなく、
主人公は事件の犯人と仕立て上げられた無実の人間、という内容なので、
純粋な意味でのミステリーではないかもしれませんが、面白いからイイ!

タイトル「ゴールデンスランバー」が、ビートルズの歌のタイトルだったり、
事件がケネディ大統領の暗殺事件とオーバーラップしてたりで、
物語全体が60年代な色を帯びてるのもなんとなくカッコイイ。

伊坂作品はあんまり読んだことないので、また色々読みたいなー。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。